読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超簡単薪ストーブ調理

当社で販売している薪ストーブで、どんな冬の暮らしが待っているかを紹介しているブログです。  興味を持って頂けましたらぜひお問い合わせ下さい

※各記事の画像は選択後、右クリック「画像だけを表示」でオリジナルサイズで表示できます

愛しい存在と過ごした時間を、より記憶に残る情景に

番外編 使い勝手&魅力

f:id:aiken_makiss:20161214160210j:plain

 

 前回、我が家で飼っているネコ、しまねこのことを取り上げました。ネコ温度計、としてですが(笑)また、その中で、とあるブログを引用させていただきました。

 

aiken-makiss.hatenablog.com

 

 引用させていただいた、そのブログの中で……私、ああ、これは、本当にいい写真だな、と思うものがあったのです。改めて、見て頂いたらわかると思うのですが、本当に、素敵な写真だと思いませんか?特に、お子さんを育てた経験があれば。

 

P1170027.JPG - 新潟市でコネ無しで薪ストーブ生活って大丈夫?

 

 私は、実は、人一倍、涙もろくて、我が家のしまねこの話をして、この写真見たら……ちょっと、もう、ダメなんですね(笑)薪ストーブ料理についてのブログのはずですが……もう一回、調理とは全然無関係なことに、脱線してもいいですか??

 私、時々、「時間の価値」という話をしますが……こんな感じで。

aiken-makiss.hatenablog.com

 愛しい人だとか、人でなくても、犬やネコでも同じだと思うのですが、「愛しい存在」と過ごした時間の価値って、何事にも替え難いものじゃないかって、人生折り返し点を過ぎた頃から、特に強く思うようになりました。

  あまり、自分のことを話すのは良くないと思うのですが……実は私、犬やネコを、これまで「ちゃんと」飼えたことがなくて……病気だとか、事故だとか……寿命の途中で「見ていない間」に失ってばかり。その都度、自分はもう生き物を飼う資格はない、飼うまいって、思っていたのですが……

 我が家のネコ、しまねこは、近所の空き家の軒下で生まれたばかりで、眼も開かないままで、指に乗るような小ささでニャーニャー鳴いていたのを、偶然保護する羽目になり、我が家にやってきました。

 妻の世話で、手からミルクを飲んで大きくなって、捕まえたヘビを自慢するために私たちの寝ている枕元に意気揚々と咥えて運んでくるようなお転婆な時代を経て、助からないと言われた大病も克服して……

 もうかれこれ、13年になるはず。すっかりお婆さん。

 しまねこは、育った経緯からして、妻の飼い猫のはずなのですが、妻には「ご飯をくれ」とか、まず要求しないのですね?なぜかわかりませんが。

 ……で、どうするかというと、クタクタで帰宅した私を待ち構えて、自分のエサ場に強引に先導してエサを入れろと命じたり、私の晩ごはんのテーブル席に私よりも先に着席して動かなかったり、人が寝ようとしたら布団の中に入ってきて撫でろと要求したり……

 たぶん、私は、しまねこからすると、召し使いか、何かなのでしょう。でも、私はこのしまねこが愛しくて(同レベルでのケンカはしょっちゅうします(笑))、今度こそ、最後の死に目まで、ちゃんと一緒に居てやりたいな、と思っているのですが……

 おそらく、しまねことの普段の暮らしで、いちばん記憶に残るだろうな、と思うのは……薪ストーブにまつわる情景なんですよ。

 朝起きて、薪ストーブの火を入れようとすると、もう、ちゃんと寄ってきて、座って待っているのですね?まだ火もついていないのに、これから暖かくなるって、よく知っているのです。

 そして、薪ストーブの火が点いたら、じーっと、たたずんでいるのですね?冒頭写真のように。長い時間ついていると、そのうち、寝そべったりして、最後の燠火が消えるまで、薪ストーブにご機嫌で張り付いています。私がご飯を食べる時を除きますが(笑)

 しまねこが、薪ストーブのそばにいるときって、愛らしくて、とっても絵になるのです。炎を上げるアナログな装置、だからこそでしょうか。オイルヒーターとかでは、どうにも絵にならないという気がしますから……

 この「絵」、たとえ何気ない日々のものでも、私にとっては、たぶん、宝物の情景なんですよ。

 犬やネコが、どうして、人間に比べて、こんなにも寿命が短いのか、私にもわかりません。ずっと一緒に居たくても、決してそれはできない。必ず、死に別れなければならない。それはたぶん、大切なことを私たちに教えてくれるため、じゃないかな……とか、思ったりするのですが……

 その「大切なこと」が、薪ストーブがあるおかげで、より確かなものになるような……そんな気がするのです。あ、もちろん、ペットだけじゃなくて、相手が人間のことなら、なおさらです。「愛しい存在」。

 こちとら、企業の人間です。あえて、お聞きするつもりもありませんが、引用したブログの方も、きっと、この意見に、同意して頂けるような気がするのです。

 すみません、当ブログ、薪ストーブ調理を切り口にしているはずなのに……でも、正直なことを言いますと、おそらく検索にも何も引っ掛かることがないだろう、この記事で述べているようなことのほうが、ずっとずっと、大切な、薪ストーブの価値なんですよね……

 そういうわけで、以上、脱線、番外記事でした♪

 さ、年末の週初めです。ありがたいことに、暖かくて身動きしやすいですよね♪ 張り切って仕事や家事をやっていきましょう(笑)

 良い週末をいただきました。明日からまた、毎日更新でがんばります。お楽しみに!