超簡単薪ストーブ調理

当社で販売している薪ストーブで、どんな冬の暮らしが待っているかを紹介しているブログです。  興味を持って頂けましたらぜひお問い合わせ下さい

※各記事の画像は選択後、右クリック「画像だけを表示」でオリジナルサイズで表示できます

【私を信じてくれる方だけ向け情報要約】すでに戦時下なんですよ……だからこそ、知恵と繋がりで日常をより楽しく!!

 当ブログ、本来は「薪ストーブって楽し~い♪お料理作ったら、超美味しいんだよ?」……以上!なんです、本来は。

 けど、コロナ禍以降、そうもいかないということになっちゃって、散々発信を重ねてきました。世の中の多数派とはあまりにかけ離れた主張だったので、感覚、顧客の6割ほどを失いましたが、一部にはお役に立てたとも伺っており、それは良かったと思っております。

 ツィッターでの発信が随時ですが、そのツィッターの固定ツィートは、この半年、こちらのブログ記事に案内するものでした。

aiken-makiss.hatenablog.com  「打つほどに酷いことになるから、とにかく打たないで!」という内容でしたが、半年経って、結果は案の定です。現場のお医者さんからの報告。

 真実は、ご都合主義と保身にまみれたマスコミ報道にあるのではなく、あくまでも、プロとして仕事を重ねてきた現場の人の声の中にしかありません。

 ご遺族の直接の証言も、聴かれるようになってしまいました。

 戦争の定義っていうのは、軍隊が攻めてきてるとか、あるいは空からミサイルや爆弾が落ちてくる、というだけではありません。「交通戦争」という言葉が、かつてありましたが、普通に暮らしているだけの人が、その誰もが、非業の死を容易に遂げてしまう状況が戦争です。

 この状況下を「戦争前」と同じようにノホホンと暮らしていると、容易に命を落とせます。そして命を落としてなお、それが戦争の犠牲になったということすら気が付きません。超過死亡20万人、コロナで亡くなったのだろうとか誤魔化され……実に気の毒なことです。

 こんな時代を生き残るには、まず「理性的にまともで賢い人」を見分けることが肝要です。私は自分自身がそうであるかどうかは自信はありませんが、他人を見分けることについては自信があります(笑)この早川奈穂子さんなんて、私のような仕事柄、化学物質にどっぷり浸かってた人間から見るとやや慎重にすぎるきらいはありますが、仕事内容がホンモノで、人脈、繋がりも凄いのでフォローお勧めです。

 そもそも、こんな場末のブログをお読みになって頂けている時点で、以上のようなことは釈迦に説法かとは存じますが、今回の記事でお伝えしたい内容、実務連絡として主に2点。

 まず1点。現在のオミクロン、それから、その後の変異株もですが、もはや「いつでも、どこでも」感染できる状況で、しかもその状況は継続すると思われます。すごい感染力というか……何度でも感染しますし、驚きもしない、「またか」と呆れるくらいです。

 具体的には、屋外であろうと風が止まっている自然拡散の状況で、普通に隣り合っておしゃべりを10分とかすれば、もうそれで充分に感染成立です。感染した無症状者からのウイルス吐出量はハンパないです。

 特に注意すべきは「これまではコロナで自粛してたけど、3年ぶりにこういう(人がお喋りしている)場に出てこれた」とか仰いながら、基本的にマスク大好き、という方との会話です。まず、間違いなく5回とか打っていらっしゃると思われます。

 そして、とても残念なことに、ワクチン4ないし5回目で「副反応軽かったよ」と仰る方は、すでに毒物に反応できる免疫を失っている可能性が高いと思われます。

 Ct値(遺伝子をポリメラーゼ連鎖反応で何サイクル増幅させると検出可能になるか)17で無症状とか……もはや、歩くウイルス拡散装置みたいなものです。そもそもワクチン打てば打つほど免疫不全を起こすなんて、今では、もはや耳タコの定説です。

 ですので、ワクチン何回も打ち続けていると思しき方は「歩くウイルス拡散装置」かもしれないと、心の中で思って頂き(態度で避けちゃダメですよ)、その方と話をしてから、例えば数時間から半日程度で、鼻水や喉の痛みなどが自覚されたら、ああ、これはもらったな、という解釈で良いと思います。

 もしワクチン全くの非接種、ないし、経験では2回止まりでしたら、免疫で大概叩けますけど、それでも風邪症状やっぱりしんどいので、私としては、これまた耳タコでしょうけど、自覚症状を認めたら直ちにイベルメクチンの即時服用を強くお勧めします。予防服用はもはや無意味ですが、適時服用でウイルスをぶっ叩くぶんには、今でも効果絶大です。

 ですので、イベルメクチンさえ常備していつでも飲めるようにしておけば、どんな人からウイルスをもらおうと、なーんにも影響受けたり、恐れたりする必要はないのですが……ところが、どうやら、その頼みのイベルメクチンが、今後手に入らなくなる展開になりそうです。

 いや、これには、ホント真面目に困りました。そこまでするか??と……マンガじゃあるまいしorz 今のうちに買いだめするしかないですね……ホントあり得ない、迷惑な。

 でもね……やっぱり、これ、残念ながら戦争なんですよ。戦争って、何があっても、別に驚くことでもないじゃないですか。そんな中で、自身やご家族の身を守って、人生という限られた時間で、できるだけ良好なパフォーマンスを発揮させるためには、やっぱり知恵と繋がりです。これが本記事でお伝えしたい1点。

 それからもう1点は、これも仕方ないのですが、救えない命は救えないのです、ホント仕方ないです。私は、この状況においてなお、戦争を何とかしたいと思って一生懸命に活動されている方には、尊敬の思い以外にないのですが……例えば、明々後日の愛知県知事選に向けて一生懸命に戦っていらっしゃる、元春日井市議の末永けいさん。

www.nicovideo.jp ちなみに、私も環境調査分析→薪ストーブと歩んできた「観察のプロ」ですが、薪ストーブの世界でも一目置いている、この方も、同意見ということで、私は「自分だけじゃない」と安心した次第です。

 ともかく世の中がトンデモになっている現状は、もう、どうしようもなくて、そうなると、私たちのような「ただの人」に出来ることは

 

たとえ戦時下であろうとも、日常をより楽しく暮らす

 

それだけなんですよ……でも、それこそが、戦争に負けない生き方、ということです。ですので、この記事、あなたさまだけで良いです、伝わるのは。今が戦時下とわからない人は、残念ですが、これから右往左往するだけですが、もちろん無視はしませんが、あえて付き合う必要もありません。

 そういう意味で、公式アカウントの固定ツィート、さっき、焼き芋に変えました。

 ……そりゃ、思うことなんて、いーーーーーーっぱい、ありますよ。自意識過剰でしょうけども、本当に申し訳なく思いますよ、ああ、救えなかったなと。善い人ほど、ワクチン、いっぱい打ちました。ほとんど、止めることができませんでした。私には何の力もなかった、それが現実です。

 もともと、たとえば説得で他人を変えることが出来るなんて思うなら、それはたぶん傲慢であったり、不遜です。できるのは、本人自らが気付くのを待つだけ。機嫌を損ねない程度に、情報や考え方を示すだけ。それを聴いてもらえるようにするためにも、自分自身が楽しく生きるのです。

 そういうわけで、これは私としての「敗北宣言」でもあります。今後も、ツィッター(とりわけ葉っぱの個人アカウント)では引き続き「今般の戦争」に関する情報提供も続けますが、私などよりも、適宜、信頼の出来るホンモノの方の情報を積極的に得て身を守りながら、どうぞ、あえて「より楽しく」お暮しくださいませ。

 ……ホントは、このブログも、お料理の話とか、書きたいこと一杯あるのですけどね、バタバタで、限られた時間で何書こうと思ったとき、こんな内容になっちゃいましたm(__)m 今後にご期待くださいませ。

 それではまた!お元気で!!