超簡単薪ストーブ調理

当社で販売している薪ストーブで、どんな冬の暮らしが待っているかを紹介しているブログです。  興味を持って頂けましたらぜひお問い合わせ下さい

※各記事の画像は選択後、右クリック「画像だけを表示」でオリジナルサイズで表示できます

生活の中に美しく溶け込んで、寒さからあなたを守る薪ストーブ

f:id:aiken_makiss:20180124093107j:plain

 寒いですね、お元気ですか??

 私は相変わらず……じゃなくて、いったいどうしちゃったのかしら??というくらいに忙しくしております!おかげさまで薪ストーブ事業は絶好調と申しますか、ご相談やお見積り、お待たせしておりまして大変申し訳ありません。

 ちょっと愚痴れば、この薪ストーブ事業だけなら良かったのですが、私、従前からの環境調査業務でも何も営業していなかったのに、指名を頂くことが重なってしまっておりまして、そちらもお客さんの抱える都合、スケジュールの中で、「まだか、まだか」と、ジリジリお待たせしてしまっております。

 さらに、名ばかりとはいえ、一応「部長」職です。私が思うに会社存亡の危機という事態を迎え、さすがに自分の指名仕事だけやっていれば……というわけにも参りません。物議をかもしながら、やっぱり負け戦の原因、会社としての「仕事のやり方」を変えていかなければなりません。

 そういう目が回る中での、薪ストーブのお仕事。私の対応遅れにつきまして、お客さまから、こんなコメントが……

妻には「会社といっても、一部門で変わり者の人が一人で担ってるので、連絡つかんとどうしようもない。通常返事は早いので、めちゃ忙しいか、インフルエンザで寝込んでるかどっちかだと思う。」と言ってあるので大丈夫。

 ……Sさま、神ですか??お会いしてない段階で、なんで、そこまでわかるのでしょう??あまりにも「そのまんま」で、やっぱり私を指名してくるような方はすごい、と、気が引き締まったところでもありました。

 そういうわけで、古の諺にならい「変わり者は風邪ひかない」、インフルエンザで寝込んではおりませんが、このような状況で、受付順ではなく、導入スケジュールの順に、順次、ご案内させて頂いておりますので、Kさま、来シーズンに向けてということでご理解に甘えてしまってよろしいでしょうか?「今週半ばにご回答」と申し上げましたが、せっかくご指名頂きましたプランニング初検討、ちゃんと時間取ってやりたいと、私もとても楽しみにしておりますので、どうか、もうしばらくお待ちになっていただけませんでしょうか?

 そういうわけで、本当はブログ書いている場合なんかではないのですが、こちらも状況が変わりました。心静かに穏やかな炎で餅なんか焼いている場合ではないのです。

aiken-makiss.hatenablog.com なにしろ、「今季一番の」どころか、「数年に一度クラスの」大寒波襲来。祈りを込めたこの記事の時点から、さらにシビアな事態になってまいりました。薪ストーブの「一番の存在価値」が、今こそ求められる事態になっております!!

 そこにきて、私が「引っかかった」こちらの記事。一昨日リリースでした。高専に行っている次女が珍しくLINE送ってきて教えてくれました。

suumo.jp ……いや、「合っている」んですよ?よく書けた記事だと思います。でも、すごく引っかかったんです。薪ストーブって「一番の存在価値」って、やっぱり「暖かさ」以外の何物でもないのですが、そこについて、記事ではこう書いてあります。

古民家や中古住宅にも技術的には設置することは可能です。ただ、気密&断熱性能が良くない建物では暖房効果は薄まります。また、煙が問題となり住宅密集地では設置が難しいケースもあります。

 薪ストーブの一番の存在価値を「ちゃんと」発揮させるのは確かに難しいです。しかし、充分なノウハウないし適切なプロの手ほどきがあれば、間違いなく発揮させることができるし、逆にちゃんと発揮させれば、やっぱり薪ストーブ、他の方式の暖房を圧倒するメリットをもたらしてくれます。古民家や中古住宅ではなおさらです。薪ストーブ以上に親和性の高い暖房はありません。

 もう一つ、この記事で引っかかったのが、なんというか……「おしゃれ感」のようなものについて。確かに人目を引くし、人を惹きつけるかもしれない。『遊び心をくすぐる、カラフルで機能的なクッキングアイテム』とか。薪ストーブ本体も含めて。でも、実際には、そんな「おしゃれ感」なんか「何も」なくても、薪ストーブは「そこにある」だけで、ちゃんと「美しい」と思うのです。私は。

f:id:aiken_makiss:20180124094108j:plain

 「チルチンびと 別冊51 東海版」に掲載された写真です(Nさま、ありがとうございました!掲示板にも書きましたが、ホント、お元気でしょうか?幸せにお暮しでしょうか??大変なことと存じますが、無理せずに、どうかご自愛くださいね)。生活の中に溶け込んだ実用品、特別なアイテムとか、もちろん「もともと好き」ならぜひ、買って頂きたいと思いますが、たとえ、そんなの何もなくても……

youtu.be 古民家のユーザーさん宅で燃える薪ストーブ、生活に溶け込んで、とても美しいと思うのです。土間で、気軽に立ち寄ってくるような皆さんで炎を囲む。ホストというか亭主さんの「趣味」は、そこでいかにも日常的に使われている「亭主お気に入りの小道具」(あえてアイテムとは言いません(笑))から伝わってくる……

 何度も言いますが、薪ストーブは、何か特別に贅沢なものとして飾っておいたり、言葉悪いですが「ごっこ」や「真似事」のような、レクリエーション的な「趣味の道具」でもありません。あくまでも実用品、生活必需品としての暖房器具です。

 それをピカピカにきれいに飾るようにして使うか、我が家のように生活そのまんまボロボロに使うかは、それこそ人それぞれですが「美しさ」があるとすれば、あくまでも「実用品」のそれだと思うのです。

www.ai-ken.co.jp こちらの本体Webサイトにも書きましたが「合理的なものは、いつも美しい」、これが薪ストーブにおいて「おしゃれ」を言うなら、一番大切に考えたいところですし、古民家であろうと中古住宅であろうと新築住宅であろうと、状況に応じて、暖房器具としての合理性をとことん突き詰めていくのが、実際に幸せになれる唯一の方法です。

 それは亭主であり当事者である「あなた」にしかできないことで、私のような立場の設置販売業者は、自らの知恵やノウハウをもとに「優れた実用品」であるべくサポートすることが本質で、大切なその部分の代わりに、イメージや、アイテムを買い揃えて飾ることで「表面的に」どうにでも繕える「おしゃれ感」を打ち出したような設置販売には、くれぐれも騙されないで頂きたく(言葉悪いですが)。

 私は、どうしても「イメージ」に偏りやすい薪ストーブは、薪ストーブ屋が儲かるだけで、ユーザーさんが実際の生活の中で幸せになりにくいと危惧しておりまして、ましてやこの大寒波、本当のことをお伝えしたく(当ブログ……ホントは調理のブログなんですが(笑))、危機感に基づいて一生懸命書いておりまして、すでに長くなっておりますが、同時に、とても嬉しかったこともありまして。最後に二点、ご紹介させてください。

 一点は、「私」をご指名頂いた、新築で導入される「OBIさん」による本事業掲示板への一昨日の書き込み。「OBIさん」は、このようなことをおっしゃってくださいました。

住宅メーカーに紹介されたストーブ店からは「モキのストーブは高温になり過ぎる。作業場や倉庫で使うにはいいが、住宅では暑過ぎる。」と海外の鋳物ストーブを勧められました。住宅メーカーからはモキのストーブを入れる場合でもこのストーブ店に依頼する事を勧められました。
しかし、こんなモキのストーブの事を何も分かっていない人から買いたくない。大屋さんからしか買うつもりはないと押しきり今に至ります。
私は薪ストーブは暖房器具であり薪の持つ熱量を如何に無駄なく居住空間に取り出すかが重要で、その点はモキが非常に優れていると思いますし、iGブースターによって様々な問題が解決されるていると思っています。

   株式会社愛研 環境保全事業 モキ製作所の薪ストーブ普及販売 掲示板投稿No.165より

 

 この書き込みの前段だけで、私ごときへの「信頼」が本当にありがたくて、涙が出そうに嬉しいのですが、一番大切なのは

私は薪ストーブは暖房器具であり薪の持つ熱量を如何に無駄なく居住空間に取り出すかが重要で、その点はモキが非常に優れていると思います

  この部分、このご判断。薪ストーブを売るというよりも、薪ストーブで確実に「結果」を出して、回り回って森林環境保全に寄与するために、いちユーザーからプロに転じた私が「モキしか扱えない」理由、合理性が、ここにあります。薪ストーブの一番の存在価値をよくわかっていて、強力なアドバイスを蹴ってでも、それを大切にしようとされる未来の確かなユーザーさんが、ここにいらっしゃいます。

 もう一点、同じくユーザーさん、残念ながら(笑)モキではなくドブレの現ユーザーさん、お馴染み「ガヤさん」のこちらの記事。こちらも「まさに」この大寒波のタイミング、一昨日リリースされたばかりです。

www.makifuyu.com 当ブログの読者さんなら、ガヤさんについて、改めて説明する必要もないかと思いますが、物事の本質を非常にきっちりとつかまえ、なおかつ「人柱」的レポートが魅力です(笑)私も尊敬し、かつ非常に信頼している方です。上述の記事にしたって、ご本人、ものすごい多忙というか厳しい状況下で書かれています。クリスマスのこの記事もそうでしたね、忙しさにかまけて何もできなかった私、ガヤさんにはホント脱帽しました。

www.makifuyu.com

 ですので、本記事では「今こそ求められる、薪ストーブの一番の存在価値」、圧倒的な暖かさについては、本当に、ガヤさんの記事のとおりですので、そちらに譲りますが(ガヤさん、いつも「丸投げ」してしまってごめんなさい!!(笑))……

 私が、この記事で一番言いたいこと。

 

 ヒトも、モノも、その「一番の存在価値」としての「本来の役割」を、一番大切にして、しっかり果たしてほしい。

 

 真摯さって、そういうことじゃないかと思うのです。合理的で美しい、というのもそういうこと。私は真摯な人が大好きです。OBIさんはこれから家を建てる家長の立場で、ガヤさんは薪ストーブを紹介し広め「仲間」を誘うブロガーの立場で、この上なく真摯な人だと思うのです。

 愚痴も戒めも含みますが、人が「本来の役割」をきっちり果たせば、家族だって組織だって、厳しい状況下でも、たいがいなんとかなるものです。ただ「本来の役割」って、ついつい、見えなくなりがちです。冒頭紹介の薪ストーブブームの解説もそうですが「正しいこと」「合っていること」なんて、ホントいくらでもありますからね(やっているフリ、表面的に繕うって、できちゃうってことです)……

 そういうわけで、大寒波襲来です。ご本人が体調悪かったり、ご家族がインフルエンザでやられていたり、いろいろあるかと思います。薪ストーブがあるなら、それを味方にして、薪ストーブがなければ、とにかく暖かくして体調整えて……

 

 自らの役割、任務をしっかりと果たしましょう。

 

 私も頑張ります。しばらくは無理ですが、また来ます。それまで、どうぞお元気で!!

 それでは、また!