読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超簡単薪ストーブ調理

当社で販売している薪ストーブで、どんな冬の暮らしが待っているかを紹介しているブログです。  興味を持って頂けましたらぜひお問い合わせ下さい

※各記事の画像は選択後、右クリック「画像だけを表示」でオリジナルサイズで表示できます

「何でもできる」薪ストーブは、生活を楽しく愉快に彩ってくれます♪

f:id:aiken_makiss:20170216170526j:plain

 

 週末でした。いかがお過ごしでしたか?

 普段は家を離れている大学生と高専生を抱える我が家は、学生らしい「一足早い春休み」で帰省してきた彼女たちが一度に加わって、とても賑やかな週末となりました。

 彼女たちにとっても、我が家と言えば、もう「薪ストーブ」。森林インストラクターである私の「野望」によって、ほとんど森と化した我が家の庭(笑)そこから出るバイオマスの処理に、私自身があぐねて、「何でも燃やせる」からと導入した薪ストーブは、今、もはや「何でもできる」我が家のエースです。

 前回は、最高に美味しい焼き芋のために、薪ストーブを入れてはどうでしょうかという、とっても無茶な提案をいたしました(笑)

aiken-makiss.hatenablog.com

 「たかが焼き芋のために、どうして、そんな大変なものを入れなきゃならないのよ??」という議論(?)が、ご家庭で繰り広げられたことは、想像に難くありません(笑)では、ここで、改めて「焼き芋の価値」を力説!!……したいところですが、そんなことをしても、仕方ないですよね~~

 そこで、週末のご家庭での議論(?)を、ちょっと整理するために、別の視点から、薪ストーブのある暮らしについて。

 冒頭写真、薪ストーブは色々な活躍をしています。

 バケットが天板の遠赤外線によって、こんがりパリパリに焼かれています。

 チーズフォンデュ用のチーズが、泡を立てながら溶けていっています。

 メカジキの切り身が、肉汁を出しながらふっくらと焼けていっています。

 写真左上では、ちょっとした野菜スープがココットでグツグツ煮えています。写っていませんが奥にはもう一つあります。

 そしてさらに、ネコが暖まっています(笑)

 ……当たり前と言えば、相当当たり前ですが、薪ストーブは「最高に美味しい焼き芋」を焼くためだけの装置ではありません。焦点を絞れば「そういう側面」もありますが、その本質は、あくまでも「万能装置」です。

 この万能っぷりが、「何でも燃やせる」モキ製作所の薪ストーブの真骨頂、「何でもできる」薪ストーブということです。つまり、アイデアひとつ、なんですよ。生活の中ににごく自然に炎があって、薪ストーブが燃えている。じゃあ、具体的に何をしようか?という、そういう発想の柔軟さ。

 なかなか、楽しくて愉快ですよ?たぶん、それが、モキ製作所の薪ストーブのある暮らしの魅力の本質です♪

 私の冬の暮らしは、薪ストーブのおかげで、相当楽しく、愉快になりましたが、仕事も人生も、そんなことだったらいいな、と、薪ストーブの普及事業、私の人生をかけたお仕事です(笑)!!

 今回なんと1142字。ブログは短く簡潔に。週明けの月曜日です。今週も頑張っていきましょう!

 それでは、また!!