読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超簡単薪ストーブ調理

当社で販売している薪ストーブで、どんな冬の暮らしが待っているかを紹介しているブログです。  興味を持って頂けましたらぜひお問い合わせ下さい

※各記事の画像は選択後、右クリック「画像だけを表示」でオリジナルサイズで表示できます

薪ストーブの大火力を活かして超簡単で美味しい休日のお昼を楽しもうよ♪

f:id:aiken_makiss:20170130105712j:plain

 

 前回は動画の話に逸れましたが話を調理に戻しまして。ここのところ結果的に天板を使った調理の魅力をお話しておりますので今日もその話を。そして、どうにも長い話が多いので、今日こそ短い記事にしたいと思います。

 昨日は休日でしたが、薪ストーブがあれば、休日がとっても楽しみです。炎が燃えている「情景」としては、もちろんですが……

aiken-makiss.hatenablog.com

 休日の薪ストーブの「真価」は、やっぱり、お昼でこそ発揮されると思うのです。お昼はお腹も空きますし、家族の皆が居るから、とにかく「ボリューム」が必要。なおかつ簡単に作れるというのが、休日のお昼に対する要求事項です(笑)

 そういうわけで、休日の我が家、大鍋登場。水なし、キャベツやモヤシといった野菜を大量に放り込んで、そこから出てくる水分だけで調理して美味しくしてやろうと。

 いわゆる無水調理の一種ですが、火当たりが均一でマイルドな薪ストーブの天板と、最高の熱伝導率を誇る材質、銅の鍋。一番焦げにくい最強の組み合わせです♪

 

aiken-makiss.hatenablog.com

 

 それを薪ストーブを大火力にして加熱しているのが冒頭写真。蓋を開けると、キャベツのいい匂いと、湯気がば~っと上がります。

 もうこの段階でワクワクしてきますが、まだ下に敷かれたキャベツから出てきた水分は上のモヤシまで到達してはいません。でも、箸で押さえてみると……

f:id:aiken_makiss:20170130105707j:plain

 ……いいですね~ダシを溶かしながら野菜からの水が上がってきました。この調子でモヤシも湯の中に浸しつつ、どんどん加熱していきます。薪ストーブはできるだけ高出力を保って。野菜って、高温で出来るだけ短時間で加熱するってのが基本ですからね~♪こちらのサイトがいいかな?

 

和食普及研究会 和食のこんな話、あんな話「ほうれん草のゆで方」

 

  全体がお湯に浸かるようになったので、ざっくり混ぜてみると、なかなか良い感じです♪

f:id:aiken_makiss:20170130105701j:plain

 モヤシの下には、お肉も仕込んであるのです♪しっかり火を通したいところですが、キャベツの下では焦げちゃいますからね~~

 ここで薪ストーブの大火力をさらに活かして、美味しくしちゃいます。何を作っているかといいますと……エイッと、こんな感じで、麺を投入。麺を美味しく茹でたければ、とにかく強火に限りますので薪ストーブの大火力が大活躍です!一気に火力アップ!!

f:id:aiken_makiss:20170130105655j:plain

 焼きそばなどでも使われる「ゆで麺」なので、お湯を捨てたりする必要はなく、そのまま頂けます。商品説明にもそう書いてありました。超簡単にお昼を楽しむために、こちらの解説もどうぞ♪当ブログより役に立ちそうです。

recipe.diary.to

 そういうわけで、休日のお昼が、一家全員ぶん、超簡単にできましたよ~~♪アツアツを盛り付けて、いただきます!!

f:id:aiken_makiss:20170130105650j:plain

 なお、こういう圧倒的な大火力を活かした天板調理ができるというのが、モキ製作所製の薪ストーブの特徴でして、とってもお勧めです。

 とりわけ、一気に火力をアップさせるためには、燃えやすくて、温度の上がりやすい、それこそペラペラの針葉樹の薪を大量投入するとか、そういう「荒技」が必要にもなるのですが、普通の鋳物の薪ストーブでは、ちょっと難しいと思います。「禁じ手」になっている薪ストーブの方が世間には多い。そこはご承知おき下さい。

 そういうわけで、薪ストーブ、特にモキ製作所の薪ストーブがあれば休日がとっても楽しいですよ♪ということで、本日の話はおしまいです。

 どうですか?!やればできるのです(笑)1500字ちょうど。次回も目指せ、読みやすくて短いブログ。

  それでは次回も乞うご期待♪