読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超簡単薪ストーブ調理

当社で販売している薪ストーブで、どんな冬の暮らしが待っているかを紹介しているブログです。  興味を持って頂けましたらぜひお問い合わせ下さい

※各記事の画像は選択後、右クリック「画像だけを表示」でオリジナルサイズで表示できます

「いつもありがとう」を形にするには、小さなお芋さんが便利♪

f:id:aiken_makiss:20161216104708j:plain

 

 色々重なって、忙しい時って、ありますよね……

 ……というか、忙しい時に限って、色々重なる、というべきでしょうか。先週の寒風吹きすさぶ、ある日の妻は、本当にそういう状態になりました。

 寒さ自体は、薪ストーブが暖めてくれますが、クタクタなのはどうしようもありません。晩ご飯の片づけを終えたところで、妻は、薪ストーブの前に置いたソファーに身を寄せて、そのまま眠り込んでしまいました。

 お風呂にもまだ入っていませんが、とりあえず、起こすのはかわいそう。できれば、そのまま寝かせてあげたい……

 しかし、次の日も「通常運行」、子供に迅速に朝ご飯を食べさせて、スムーズに学校に送り出さなければなりません。そのためには、この晩のうちに朝ご飯の準備を済ませておかないといけません。私は、子供の朝ご飯に何が出せるか、今あるもので、メニューを組み立てはじめました。

 豚の角煮があと一切れ、ほうれん草のおひたし、ご飯も少し残ってる……なんとかなりそうですが、ご飯の量が、ちょっと少なすぎます。子供には、朝ご飯はしっかり食べさせてやりたい。けれどご飯を炊き直すには中途半端(我が家はちょっと大きな土鍋でたくさん炊くので、炊き立てはたくさん食べる時にしたいのです)。そもそも、ここのところ朝はバタバタで、ご飯を炊いている余裕なんて、たぶんない。しかもこんな時に限って、食パンの買い置きもない……

 ……と、困ったときの薪ストーブ♪ 薪ストーブは、晩ご飯の活躍を終えて、ちょうど、燠火になっていました。

 「そうだ!焼き芋を焼こう!!」……芋をちゃんと焼き上げておけば、忙しい朝にパッと食べられるのに、とっても美味しいし、ヘルシーだし、元気が出る。当ブログ、いちばんの人気記事になっております焼き芋記事①ですが、美味しい焼き芋を簡単に作るコツを書いた記事④も、ぜひ♪

aiken-makiss.hatenablog.com

 そう、ここのところの状況からして、朝にはとにかく「すぐに食べられる」状態にしておきたかったのですが、そうなると焼き芋は、今、ちゃんと「焼き芋」として美味しい状態まで、つまり芯までしっかり、しっとりホクホクになるまで火が通っていないといけません。

 それが、燠火が足りなくて「途中までしか焼けなかった」とかなってしまうと、こんなふうに朝に追加で「もうひと手間」をかけなければ「本当に美味しいもの」に、ならなくなってしまいます。妻が元気だったらいいけど、こうもクタクタでは、「もうひと手間」はできれば避けたかったのです。

aiken-makiss.hatenablog.com

 ……で、登場するのが、冒頭写真のような「小さなお芋さん」なのです。こんなこともあろうかと、あらかじめ買い置きしておきました♪ これがあれば、弱い火力でも、あるいは短時間でも焼き上げることができます。

 もちろん、時間や状況に余裕があれば、大量の燠火を作って、じっくりと、太い、大きな芋をちゃんと焼く……なんてこともできるのですが、「今、成り行きである燠火で」、「燠火が終わるころには、速やかに再び立ち上げて、部屋をもう一度、充分暖かくした状態で、お風呂に入れるようにしてあげたい」という、非常に、要求事項というか、薪ストーブとしての活躍が求められる状況だったので、『短時間で確実に焼けること』が必要だったわけです!!

 ……結果、15分で美味しく焼き上がりました♪ 朝には、立ち上げたばかりの薪ストーブの天板で、ちょっとコロコロと転がしておけば、天板からの遠赤外線効果で、あっという間に「表面パリッと、中はしっとりホクホク」の、熱々焼き芋が再現できます!!

 ……冒頭写真には、この成り行きの貧弱な燠火でも、もしかしたら焼けるかな~~…と、ダメもとで一つだけ置いてみた太い焼き芋が写っていますが、実際には、もう15分ほど燠火が維持できて、小さなお芋さんに続いて、この太い芋も美味し~く焼けまして、実際に翌朝起きてきた子供は、小さなお芋さんには目もくれず、その大きなお芋を「僕こっちがいい」と食べて学校に行きましたが……現金なものです(笑)

 いずれにせよ、私は、朝ご飯を確保したのち、もう一度部屋をしっかり暖めてから、妻を起こしてお風呂に入るように促して、明日の朝ご飯の準備はちゃんと終ってるよ、心配しなくて大丈夫だから、風呂入ったらもうそのまま眠りな?……というミッションを、しっかり達成することができたのです♪

 超簡単便利な薪ストーブに、小さなお芋さん。想いを形にするには、とっても便利な最強コンビ♪

 ……そういうわけで、寒風吹きすさぶある日の我が家でのエピソード(?)、いかがだったでしょうか?え??こんな旦那は出来過ぎだろう??……バレましたか!!想像にお任せいたします。こんな「話の長い」「細かい」旦那、実際のところ、妻は、ホント大変だろうと思います(笑)

 さて、「薪ストーブ料理」の話をするする、と、いいながら、また今回も「エピソード」的なお話。「料理のネタ、そろそろ尽きてきたんじゃないの??(笑)」などと言われそうですが、図星……い、いやいや、そ、そんなことは……ありませんよ??(;^_^A

 それでは次回こそ、薪ストーブ調理のお話を。たぶん(笑)

 お楽しみに~~♪