読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超簡単薪ストーブ調理

当社で販売している薪ストーブで、どんな冬の暮らしが待っているかを紹介しているブログです。  興味を持って頂けましたらぜひお問い合わせ下さい

※各記事の画像は選択後、右クリック「画像だけを表示」でオリジナルサイズで表示できます

おひとり様鍋を手軽に使って大好評の食卓を演出しようよ

使い勝手&魅力 鍋料理 調理器具

f:id:aiken_makiss:20161214110022j:plain

 

 レストランに行くと改めて思うのですが、演出って、ホント大事ですよね……

 ステーキが熱々の鉄板で運ばれてきて、目の前で「ジュ~~ッ」てソースかけられたり、ご飯が大きなかまどで目の前で炊かれたりしているのは、決して珍しくない光景になりました。

 美味しいかどうか「本当の味」を決めるのは料理だけではない、と言う表現もできるし、食事が本当に素敵な体験だったかどうかを決めるのは料理だけではない、という言い方もできます。

 満足感、ワクワク感。五感で、要は身体全体で感じる「何か」。

 日々、日常の食事で、そんなものやっていられるか!!……とか言いながら、それは、どんなテーブルで、どんな椅子に座って食べたいか?から始まって、しまいにはオープンキッチンとか大がかりなものを考えてしまったりとか、実は、私たちはいつも、真剣に求めています。単なる味以外の「何か」を。

 当ブログでも、薪ストーブのある暮らしの魅力として「そこ」に何度か言及したことがあります。たとえばこんなの。

aiken-makiss.hatenablog.com

 そうなんです。薪ストーブって、本当に力のある道具でしてね、レストラン並みの「演出」が、すごく手軽にできてしまうんですよね~~♪

 そこで、今日のご紹介は「おひとり様鍋」!!陶器とか器って、これもやっぱり味を左右するものですが、一番、幸せ感が高いのは、お洒落な「おひとり様鍋」で、作ったまま、その人の目の前に出してあげるということじゃないでしょうか。

 「(他でもない)あなたのために、作りました」

 ……これ、実は、「うれしい」の本質だと思うのですよ。大切にされている感が満載じゃないですか♪

 「おひとり様鍋」って、喜ばれるのは、だから、たぶん、お洒落でかわいい、だけが理由じゃないと思うのですよ。だって、お洒落とか「どうでもいい」はずの、お子さんなんかも大喜びですもの。

 「おひとり様鍋」の好評ぶりについては、ご存知とは思いますが「ココット」って言います。レシピ、検索してみてください。華やかなものを中心に、いろいろあります(当ブログ、どんな無責任な「料理ブログ」でしょうか(笑))。

 ……でも、実際問題、そんな大好評の「おひとり様鍋」ですが、特にお子さんや家族に作ってあげたいと思っても、二つ以上作ろうと思うと、急に大変になるんです。同時進行で作って行けば、具材なんかを入れる仕込みには問題ないのですが、火にかける段になって、ふと、困るわけです。

 目の前には、サイズの違うコンロが3つ。でも、鍋が小さすぎて、一番小さなコンロ以外だと不安定になったり、そもそも、同時進行に火が通るなら気軽だけど、サイズの違うコンロで火力タイミングをきれいに揃えるなんて……私には無理。不可能です(笑)

 そこで!!薪ストーブ!!!冒頭写真は、二つのココットを仲良く天板加熱しているところ。それだけで、すでに可愛いですよね(笑)でも、単に可愛いだけでなく、均一に加熱が効く薪ストーブの天板の利点が、ここでも遺憾なく発揮されるわけです♪

 なお、写真では、ココットは、たった2個しか載っておりませんが、もっともっと載ります。我が家の薪ストーブは、こんな感じで大活躍です。脇では、ついでにパン生地まで発酵させています(笑)

f:id:aiken_makiss:20161214110027j:plain

 こんなココット「同時進行」には、さらに「良いこと」もありまして……冒頭の写真、煮えるまでは「同時進行」でしたが、実際は、ここから、仕上げの味を変えているのですよ。片方は、透明感を残したスープ仕立てに。もう片方は、ドロッとしたシチュー仕立てに。本当に、好みに応じて。

 「あなたのために、作りました」……「その人」の好みに合わせて、味を一人一人の好みに実際に合わせることほど、「特別感」を演出することはないでしょう!!……というか、作り手の頭をいつも悩ます「一家のカレーの甘い辛い問題」なんかも、これでたちまち解消(笑)

 とっても手軽なのに、みんなニコニコ、大好評の食卓。そして作り手の悩み解消。

 もちろん、同じ味ならさらに簡単!!……なのに、すごく華やかな食卓。「万能調理台」、モキ製作所の薪ストーブならではの価値です♪

 ……ところで、こうやって全力で、「薪ストーブの魅力」をお伝えしている当ブログですが、ちょっとショックなことが(笑)……私のところまで流れてきた、このブログ。

 

ameblo.jp

 ……なんか、いろんな意味で「負けた」感が、ありありで……アイドル、というかタレントっていうのは……こう、すごいものなんだなと。

 だけど、当ブログ、これからも、当ブログならではのやり方で、薪ストーブのある暮らしの魅力を伝えてまいります!!変わらぬご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!!!

 それでは、また、次回。次回は……このタレントさんに対抗して、我が家のアイドルで勝負をかけようかしら?(笑)

 乞うご期待!!